リファイド ニュース
2018年02月26日(月)
 リファイド ニュース

札幌医科大学附属病院、北日本で初の「トモセラピー」を導入

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

札幌医科大学附属病院、北日本で初の「トモセラピー」を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
より正確な強度変調放射線治療(IMRT)が可能に
公立大学法人札幌医科大学附属病院は8月9日、同病院の放射線治療科に新しい治療装置である「トモセラピー」を導入したことを発表した。「トモセラピー」は、アメリカのaccuray社により提供されている。

「トモセラピー」は、東北を含めた北日本の大学病院では初めての導入となる。がん診療連携拠点病院として、腫瘍診療センターを併設し、診察科の枠を超え総合的ながん治療に力を入れている。

同病院は、質の高いがん診断を目指しており、地域の医療機関と協力し化学療法や放射線治療、緩和ケアなどの充実したがん治療を提供している。

リファイド
道内最大の25病床を有する放射線治療科病棟
札幌医科大学附属病院では、北海道で最大となる25床の放射線治療科病棟を持つ。加えて高度ながん治療をサポートする専門医や技師が多数常勤している。

新たに導入された「トモセラピー」は、CTスキャナーと放射線治療システムが融合したがん治療機器で、体の周りをらせん状に回りながら放射線治療を行う。また、マルチリーフコリメーターにより者者の希有帯を自由に変えられる利点もある。

正確性の高い強度変調放射線治療を可能とする最新の「トモセラピー」により、脳腫瘍や子宮がん、前立腺がんなど様々な部位のがんへヘルカリ照射が可能となり、安全で効率のよい強度変調放射線治療を受けることができる。

(画像は札幌医科大学附属病院 ホームページより)


外部リンク

公立大学法人札幌医科大学附属病院
http://web.sapmed.ac.jp/



Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • ヤンゴン環状鉄道改修プロジェクトが本格稼働(2月26日)
  • 抗がん剤開発のパラダイムシフト。日本人がん患者由来のPDX整備事業、3月開始(2月23日)
  • 「空き家有効活用セミナー」開催 釜石市(2月23日)
  • 初期植民地時代の写真を特集した展覧会「ビルマの写真家」が開催(2月22日)
  • 美しくなる春旅へ「美湯茶(ビューティ)」プログラム誕生(2月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ