リファイド ニュース
2017年11月23日(木)
 リファイド ニュース

ペット(犬猫)の総合傷病ランキングで請求件数最多は「皮膚炎」、アイペットの調査

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

ペット(犬猫)の総合傷病ランキングで請求件数最多は「皮膚炎」、アイペットの調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
ペットの傷病ランキングで皮膚炎、外耳炎などが上位に
アイペット損害保険株式会社は5月16日、2016年に契約者に支払いをした事案を対象に集計をした「ペットの傷病ランキング」を発表した。

調査は、2016年の1年間に直接同社に保険金の請求をし支払いをした事案(同一請求で複数治療をした場合は除外)を集計したもので、調査サンプル数は約4万件となっている。

リファイド
総合傷病ランキング(犬猫、年齢不問)では、請求件数が最も多い傷病は「皮膚炎」となり、以下「外耳炎」、「下痢」と続いた。この理由について同社は、どの年齢の犬猫にもかかり易い傷病であるとともに、飼い主が症状に気づき易く受診につながったとみている。

なお、請求件数で第7位だった「骨折」が、平均診療費で119,390円となり、上位10位以内での最高額だったという。この理由は、一般的な治療方法として、全身麻酔での手術のほか、ギブスの巻き直しや骨の状態をみるレントゲン検査などでの通院期間(1~4カ月)が影響し、負担が大きくなっているとのこと。

犬は骨折や膝蓋骨脱臼、猫は泌尿器系の疾患が上位に
犬に特徴的だった傷病は、小型犬に多く手術を伴う可能性がある「骨折」や「膝蓋骨脱臼」といった傷病が多く、また猫では、「膀胱炎」や「腎不全」、「尿石症」といった泌尿器系疾患が多いことが特徴的という。

さらに、手術を伴う傷病に限定して集計をした手術ランキング(犬猫、年齢不問)の結果、高齢の犬猫によくみられる「腫瘍」が第1位となり、以下第2位は「歯周病」、第3位は「異物誤飲」となった。

また、CTやMRIなどの医療機器の発達や、技術の進歩による専門医の増加、手術に伴う入院等によって手術費用は高額になる傾向があり、請求件数では第7位の「椎間板ヘルニア」の平均診療費が329,451円と、上位10以内では最高額だったとのこと。

(画像はアイペット損害保険株式会社HPより)


外部リンク

アイペット損害保険株式会社 プレスリリース
https://www.ipet-ins.com/news/petresearch0516.html


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 大和ハウス工業など中部エリアでは最大級のマルチテナント型物流施設を建設(11月23日)
  • ファミリーマート「ファミマでライザップ」新商品5種類が登場(11月22日)
  • ロヒンギャの人々に関する報告書「決して忘れられない恐怖」が発表(11月21日)
  • リリー「トルツ」、TNF阻害剤に対して効果不十分な関節症性乾癬の症状を改善(11月19日)
  • ヒュンダイ自動車「IONIQ 2018」がWWCOTYを獲得(11月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    track feed news.leaf-hide