リファイド ニュース
2018年01月17日(水)
 リファイド ニュース

ボルグワーナー、クライスラーにクラッチ部品を供給

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

ボルグワーナー、クライスラーにクラッチ部品を供給

このエントリーをはてなブックマークに追加
プラグインハイブリッドに搭載
大手自動車部品サプライヤーのボルグワーナーは5月10日、フィアット・クライスラー・オートモービルズ初のプラグインハイブリッドであり、業界初のPHEVミニバンである2017年型クライスラー・パシフィカ・ハイブリッドにスプラグ式のワンウェイクラッチを供給していることを明らかにした。

ボルグワーナーのワンウェイクラッチは、車両の運転モードに応じてセカンダリーモーターが発電、またはトラクションドライブモーターと一緒にフロントホイールにディファレンシャルを通じてトルクを伝達する役割を担うものである。

リファイド
多様なアプリケーションに対応
ボルグワーナー・トランスミッション・システムズの社長兼ゼネラルマネジャーのRobin Kendrick氏は次のように述べている。
「ボルグワーナーのワンウェイクラッチは、PHEVの設計において重要な役割があり電気自動車モードで最高84mpgの燃費性能を発揮する。われわれのこの技術によってドライバーが期待する動力性能と燃費性能を提供することが可能である。われわれの技術がこの画期的なデザインに貢献できることを嬉しく思う。」
(プレスリリースより引用)

ボルグワーナーのワンウェイクラッチは、高い動力性能と燃費性能を多くのタイプの変速機に付加することが可能で、幅広いサイズ、パッケージコンフィグレーション、トルク特性への対応と、最適化した素材、構造および加工により納入先のニーズに対応することができるとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ボルグワーナー プレスリリース
https://www.borgwarner.com/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 米労働省 11月の求人労働調査結果発表 前月比で求人数は減少(1月16日)
  • メキシコのチーズ貿易、EUとの交渉が難航(1月16日)
  • ドローンを利用したオフィスの健康管理サービス、4月より試行サービス(1月15日)
  • スーグラ(R)錠、1型糖尿病を適応として追加承認申請へ(1月13日)
  • 日本画とマンガ・アニメのコラボ「ぼくらが日本を継いでいく」(1月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ