リファイド ニュース
2017年07月26日(水)
 リファイド ニュース

ローソン、 「スマートエネルギーストア」を目指す環境配慮店舗をオープン

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

ローソン、 「スマートエネルギーストア」を目指す環境配慮店舗をオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加
バーチャルパワープラント構築実証事業の一環
株式会社ローソンは、太陽光発電等による創エネと最新の省エネ施策を導入した「ローソン小平天神町二丁目店」を2月17日にオープンすることを発表した。

リファイド
この店舗では、経済産業省の「バーチャルパワープラント(以下、VPP)構築実証事業」の一環として、慶應義塾大学SFC研究所と共に、IoT化された機器による制御・節電を通じて電力リソースの創出の実証実験を行う。コンビニエンスストアで「VPP構築実証事業」の採択を受けたのはローソンが初めて。

ローソンでは、この店舗において、外部調達する電力量を2015年度の標準的な店舗対比で約6割削減することを見込んでいる。

IoT化された機器で遠隔制御と節電を実現
今回の店舗の主な特徴は、まず、「VPP構築実証事業」の一環として、IoT化された機器を導入し、遠隔制御・節電による電力リソースの創出を図っていること。また、節電したエネルギー量の算出を行うなど、経済産業省が平成29年度中の創設を目指す、節電市場にむけた取り組みを先行実施している。

次に、建物については、店舗屋根上に22キロワット相当の太陽光パネルを設置し、さらに、自然換気のための勾配天井と換気トップライトによって、太陽光をより効率的に利用している。

また、床下ピットから吸気を行うことで、通年温度変化の少ない地中熱を利用することができ、空調負荷を軽減し省エネを実現している。その他、高性能のCO2冷媒冷凍冷蔵機や扉付CO2冷媒要冷ケース、LED照明などを採用し、省エネを図っている。

ローソンでは、2008年より、最新の創エネ設備と省エネ施策を導入し、実験・検証を行う、環境に配慮した店舗をオープンしてきた。今後も、VPPのような新たなエネルギーマネジメントの実現と、それによるエネルギー利用の最適化を目指し、低炭素社会実現への貢献を目指していく意向を示している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社ローソン
http://www.lawson.co.jp/


Amazon.co.jp : リファイド に関連する商品
  • 奈良県吉野町でブラジル人労働者の児童の学習支援が課題(7月26日)
  • ミャンマーにおける通信サービスの向上を目指す(7月26日)
  • カイオム・バイオサイエンス、中国におけるDLK-1抗体の特許付与が決定(7月24日)
  • これぞ「おもてなし」スピリット!オンデーズ、全社員に完全禁煙を義務付け(7月24日)
  • アクサ生命 メディカルアシスタンスサービス拡充(7月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    track feed news.leaf-hide