リファイド ニュース
2017年05月23日(火)
 リファイド ニュース

メルケル独首相のジレンマ、サッカーか人権か

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

メルケル独首相のジレンマ、サッカーか人権か

このエントリーをはてなブックマークに追加
政治的ボイコット
現在、ウクライナとポーランドで欧州におけるサッカーの祭典「UEFA EURO 2012(UEFA欧州選手権2012)」が開催されている。ドイツは、順調に準決勝まで勝ち進み、28日、イタリアと対戦。

もしドイツがイタリアに勝ち、決勝に進めば、メルケル独首相は決勝戦を観戦するためにキエフにおもむく意向を示した。もちろん、スポーツとしては当然のことだが、政治的には面倒なことなのである。ヴェルト誌オンライン版が26日、報じた。

UEFA EURO 2012の開幕前から、ドイツでは政治的ボイコットが議論されてきた。それは、ウクライナにおける人権問題について国際的にも圧倒的に非難されており、特にティモシェンコ前首相を取り巻く状況について非難が集まった。

UEFA
Image:DrabikPany
ヤヌコヴィッチ大統領とEURO 2012の決勝戦観戦を?!
観戦席にメルケル首相のいないドイツの決勝戦はありえない。しかし、ウクライナのヤヌコヴィッチ大統領と並んで座ることも想像できない。ティモシェンコ前首相の状況は改善されていない。

そこで問題になるのが、どのような条件下でキエフに観戦に行くことができるのかである。連邦議会の人権委員会議長のトム・ケーニクス氏は、3つの可能性を検討。

1つ目は、UEFA会長のミシェル・プラティニ氏を挟んで、メルケル首相とヤヌコヴィッチ大統領が座る。2つ目は、ファンゾーンの近くに建てられたティモシェンコ氏の支持者の拠点を訪れる。3つ目は、ティモシェンコ氏を一緒に連れていく。それが可能ならば、一番の解決策である。

欧州委員会やドイツ政府の官僚は、正式にウクライナでの試合をボイコットしている。もちろん、ドイツが決勝戦に行かなければ、面倒な問題は起こらないのだが……。全チームの検討を祈る。

外部リンク

ヴェルト誌(Welt Online)
http://www.welt.de/politik/deutschland/article107267972.html
Amazon.co.jp : UEFA に関連する商品
  • 小沢氏強制起訴に「離党せず」、菅首相は沈黙、仙石氏は「しりませ~ん」(2月1日)
  • 強制中絶の中国人夫婦を地方政府が「売国奴!」(7月2日)
  • エイリアン襲来時、頼りになるのはオバマ大統領!(6月30日)
  • 【速報】ESMと新財政協定に関する採択に延期を望む声-独連邦議会(6月30日)
  • 適度なコーヒーは心臓病リスクを軽減する(6月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    track feed news.leaf-hide