リファイド ニュース
2017年04月30日(日)
 リファイド ニュース

サウジが800台の独レオパルト戦車を発注、武器メーカーは取引を拒否

時事
ビジネス
政治
キャリア
マネー
健康
海外
社会
IT
家庭生活

サウジが800台の独レオパルト戦車を発注、武器メーカーは取引を拒否

このエントリーをはてなブックマークに追加
「そのような売買契約は結んでいない」
週末、サウジアラビアがドイツの第3世代主力戦車であるレオパルト2を300台ではなく600-800台購入する計画が明らかになった。これは、ドイツにとって過去最大の武器発注量で、メディアの情報によると、約100億ユーロ規模の取引になるという。

しかし、この取引は野党の反対だけでなく、レオパルト戦車を製造している軍需企業グループのクラウス=マファイ・ヴェクマン社(Krauss-Maffei Wegmann)も反対している。同社の広報担当者は、18日、
「そのような売買契約は結んでいない。」
と発表。

戦車
Image:Markusram

同社を経営している5家族の一つブルクハート・フォン・ブラウンベーレンス氏は、独シュテルン誌に
「2011年3月にサウジの戦車が隣国バーレーンに入っていき、民主化運動を弾圧するのを見て、ショックを受けた。アラブの民主化革命は、ヨーロッパにとっても希望である。このような状況で、サウジに戦車を売却するのは間違っている。」
と語った。

戦車
Image:Al Jazeera English
ガウク大統領に輸出を許可しないよう要請
また、フォン・ブラウンベーレンス氏は、このような輸出は、ドイツ輸出指令に反するものであることを指摘。それゆえに、氏は、ヨアヒム・ガウク大統領に輸出を許可しないよう要請。

これまでのところ、この取引が可能かどうかはドイツ連邦保安局による予備調査で、クラウス=マファイ・ヴェクマン社の見解によるものである。

予備調査のきっかけは、スペインからの問い合わせである。スペインは、独自のライセンス生産によるレオパルト戦車の輸出を考慮。しかし、外国でのライセンス生産でも自動的にドイツ保安局の照会が義務付けられている。

ビルト・アム・ゾンターク紙によると、ドイツ経済省はこの取引を擁護しているが、首相府や外務省、国防省は、まだ立場を明らかにしていない。

契約は7月20日に確定される。

外部リンク

シュテルン誌(Stern Online)
http://www.stern.de/politik/ausland/1842934.html
Amazon.co.jp : 戦車 に関連する商品
  • 小沢氏強制起訴に「離党せず」、菅首相は沈黙、仙石氏は「しりませ~ん」(2月1日)
  • iPhone/iPadで操縦・バトルが楽しめるコンパクトな戦車型ラジコンがJTTから(1月31日)
  • 強制中絶の中国人夫婦を地方政府が「売国奴!」(7月2日)
  • エイリアン襲来時、頼りになるのはオバマ大統領!(6月30日)
  • 【速報】ESMと新財政協定に関する採択に延期を望む声-独連邦議会(6月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リファイドニュース新着






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    track feed news.leaf-hide